はじけるイタリアバロックリハーサル風景

c0029400_96276.jpg


昨日は今週末4月5日(日)上野学園石橋メモリアルホールで行われる『はじけるイタリアバロック』のホールリハを行いました。



はじけるイタリアバロック!と書いてありますが・・・何やら後方には見慣れた国旗が・・・。



全体像はこんな感じに・・・。



c0029400_98474.jpg

入学式を明日に控え、ホールを使用させていただいておりますので、周のセッティングが楽しいことになっております。



今回のプログラムはオールイタリア初期バロックの音楽。



題名のとおり『弾(はじ)けて』 『歌って』 『踊って?!』



情熱的な音楽づくりに気合が入ります。



c0029400_9122074.jpg

教員と学生のコラボレーションによるコンサートシリーズ第4弾



太田さん。この時代の音楽を研究しつくしているからこそできる、この音楽づくりや流れは美しいです。



こちらの時代の作品は一曲一曲が説得力あるテクニックを要する作品が多いのにもかかわらず・・・一曲の演奏時間が短いため、曲数が多くなってしまう。



ひえ~。集中するのが大変だよ~。



ルネサンスリコーダーGanassi(ガナッシ)のソプラノ・G管アルト・テナーを駆使し、ヴィオラ・ダ・ガンバの坪田一子さんとチェンバロの戸崎廣乃先生、そしてポジティプオルガンに大オルガン(?)を演奏する中村文栄さんと心を一つに演奏をまとめます。



演奏しているより、聴いていたいなぁ~と思ってしまう私なのでした。





c0029400_921508.jpg

リコーダーの旋律楽器1本+通奏低音、2本+通底、3+通底、最高5声の響きを作り出す。



c0029400_9242913.jpg

イタリア初期バロックの音楽づくり。難しいですが音楽一つ一つがエネルギッシュです。




c0029400_927130.jpg

沢山の方々に是非聴いていただきたいです。どうぞよろしくお願いいたします!



c0029400_7465610.jpg


c0029400_7481180.jpg


メモリアルホール案内

2015年4月5日(日) 15:00開演(14:30開場) 【上野学園 石橋メモリアルホール】
教員と学生のコラボレーションによるコンサート・シリーズⅣ
弾けるイタリア・バロック~極彩色のヴィルトゥオーゾ~


出演
太田光子(リコーダー/上野学園大学非常勤講師)
浅井 愛(リコーダー/上野学園中学・高等学校非常勤講師)
大塚照道(リコーダー/上野学園大学音楽学部演奏家コース2年) 
坪田一子(ヴィオラ・ダ・ガンバ/上野学園中学・高等学校非常勤講師)
戸崎廣乃(チェンバロ/上野学園大学非常勤講師)
中村文栄(オルガン/上野学園大学助教)


プログラム
M.ウッチェッリーニ:第13番「この美しい人魚が」、「お針箱」
F.トゥリーニ:「時はすでに」
G.P. da パレストリーナ/F.ロニョーニ:「野山は春の装い」
G.B.フォンターナ:ソナタ第16番
G.A.パンドルフィ:ソナタ第4番「ラ・クレメンテ」
B.マリーニ:「心の痛みよ、去れ」 ほか

チケット
一般3000円
学生1500円

チケットご予約
Ai's Recorder Site にてご予約が可能です。
お名前、ご連絡先、チケット枚数をご記入ください。
後日こちらからご連絡いたします。
by ai.recorder | 2015-04-03 09:27 | おしらせ・演奏会情報

リコーダー奏者 浅井愛の日記です。


by ai.recorder