オルガンで奏でるクリスマス コンサート無事終了

2018年12月15日(土)16:00より松本市音楽文化ホールにて行われました『オルガンで奏でるクリスマス』コンサートは無事に終わりました。

c0029400_10551639.jpg
左より、浅井愛、横田ゆうわさん、原田靖子さん (オルガン協会の皆様、素敵な花束をありがとうございました。)


今回のコンサートは松本市音楽文化ホールのオルガにストに就任し、演奏活動をしている原田靖子さんからのお声かけで実現しました。


靖子さんは芸大時代の友人、在学中は一緒に演奏する機会はありませんでしたが、卒業後お声をかけてくださり今回が3回目のコンサートになります。

c0029400_10561032.jpg
こちらのホールは実に素晴らしいです。
リコーダーソロで演奏してもホールの隅々まで音が響いているのがわかります!あまりの響きの良さにリコーダーが喜んでいるようです。


リコーダーで響くのですからオルガンはの響きは大迫力です!原田さんはポジティフオルガンと大オルガンとの行き来で大変です。


そして横田ゆうわさんの語りが素晴らしい。クリスマスがなぜお祝いされるようになったのか、その始まりを丁寧に話してくれました。


c0029400_11004085.jpg


c0029400_11005322.jpg
照明がかなり凝っており、星空の中で演できるなんて素敵です。


c0029400_11014131.jpg

c0029400_11014295.jpg
会場の外には素敵なツリーが飾られていました。


c0029400_11021197.jpg
芸大大学院時代の友人、ソプラノ歌手の江田雅子さんが、聴きに来てくれました。ドイツから帰ってきてその日のうちに松本まで駆けつけてくれました。ひさびさに会えて嬉しかったです。


寒い中、会場に聴きに来てくださった皆様。そして主催の松本市音楽文化ホールの皆様。共演者のオルガン奏者:原田靖子さん、語り:横田ゆうわさんに皆様に感謝です。ありがとうございました。


c0029400_11045240.jpg

また東京から聴きにきてくださった、ソナトーリ デル フォンテゴメンバーのK様、素敵なプレゼントをありがとうございました。

手袋は早速使っております。

心温まるお言葉にプレゼント、ありがとうございました。

皆さま、素敵なクリスマスになりますように。



by ai.recorder | 2018-12-25 10:54